So-net無料ブログ作成
検索選択

競争と相手へのリスペクト [教育]

最近の学生と話をすると、人との競争は人間関係を悪くするのでやりたくないと考えている人が多いことに気づく。何故そのように考えるのか、私には不思議であったのだが、最近あることに思い当たり、それで非常に納得できた。
それは、最近の若い人は競争相手に対する尊敬の念、リスペクトをほとんど持っていないということである。競争相手とは、試験で点の取り合いをして、自分が相手より上回れば勝ち、下回れば負けという発想である。これが入試であれば、相手が勝ってしまうと、相手は合格だが自分は不合格になってしまう。したがって、競争相手は勝ち負けに関係なく排除すべき存在なのである。そこには、相手に対するリスペクトが全くない。
私などは、尊敬する相手と競争できれば、自分も随分と偉くなったものだと自己満足するし、たとえ負けたとしても自分の他人を見る見識眼の正しさを再認識できる喜びが有る。そのように、競争し切磋琢磨した相手こそ、本当に信頼できる相手であり、将来自分が何か困った時に自分を助けてくれるであろう頼りがいのある人脈である。
最近の学生は、そういう人脈をほとんど持っていないので、社会に出て困った時に親以外に頼るべき人がいないという困った状況になるのではないかと思う。困った時に本当に必要な人は、自分に無いものを持った、リスペクトできる、自分よりも優秀な友人なのである。
そう考えると、出来るだけ沢山の競争をして、出来るだけ多く負けて、出来るだけ多くのリスペクトできる友人を作ることが大変重要だと思う。もちろん、そのような人と友人になろうとすれば自分の良さを相手に認めさせることが重要である。そうすれば相手のほうも、今回は自分が勝ったものの、こういう点が素晴らしいということに気づき、長く記憶に留めてくれることであろう。そのような人物こそが、本当にリスペクトできる相手である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

新3年生の配属 [教育]

今年も新3年生が6名研究室に配属されてきました。全員、マイクロ波をやりたい、無線通信を勉強したいという強い意欲を持って研究室に来てくれています。最近の傾向として、大学生就職のことをかなり早い段階から意識して行動するようになったように思います。しかし、これはうちの研究室の学生だけの問題ではありませんが、そのために自分から積極的に、あるいは能動的に何かをやるというところにまでには到っていないのが非常に残念です。まだ、私の研究室に来てくれている学生は何かしようと思っているだけでも一歩進んでいるのかもしれません。
その原因は、大きくふたつあるように思います。ひとつは、高校までの学校教育で、学生たちがやるべきことの全てを教師や親が指示してきたことによると考えられます。入試という難関を突破してきた彼らは、指示通りにこなすことに長けていた優秀な学生です。もうひとつは、就職して社会に出た後に何が必要になるかが分かっていないことによると思います。就活に際しても、会社説明会や会社の概要程度は調べますが、就職後にどのような仕事をするのかや、そのために何が必要なのかのイメージをほとんど持っていないのが実情ではないでしょうか。
これらに関しては、学生側の問題と大学を始めとする教育する側の問題の双方が相乗効果をなし、前述のような状態を作り出しているのではないかと思います。これは、社会にとっては非常に大きな損失です。社会に出て力量を発揮できる人材を育成することは大学の使命です。学生に対しては長年慣れ親しんできた意識を改革させるようにするとともに、大学もこれに対応した社会から必要とされる高等教育を行っていくような変革が必要と思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。