So-net無料ブログ作成

マイクロ波学生コンテストでの受賞 [教育]

P1000646_1.jpg
電子情報通信学会総合大会期間中の岐阜大学で開催された2012年度学生マイクロ波回路設計試作コンテストで私の研究室の学生が4名受賞しました。参加3部門の最優秀賞を独占する3名の受賞と特別賞1名です。これに先立つデザインレビューでも、受賞者4名を含む13名の学生が合格証書を授与されました。今年度のテーマはマイクロ波フィルタの製作でした。
昨今、学生の物作り能力の低下が叫ばれ、日本の技術力の相対的な低下が危機感をもって懸念されている中、本当に学生たちは頑張ったと思います。受賞した学生だけでなく、それ以外の多くの学生がコンテスト前日の深夜になるまで調整作業を続けた努力の賜物です。
学生たちが製作したフィルタには、従来なかったような非常にユニークなものもありましたし、特性がプロ顔負けの物もあり、大きな可能性を示唆するものでした。また、誘電体同軸共振器を使ったフィルタなどは、かつて日本のお家芸的なフィルタで最近技術を継承する人がほとんど無くなりつつあるフィルタですが、コンテストを機会に技術の継承が出来、非常に意味のあるコンテストになりました。
昨年度のアンプ製作のコンテスト参加では尻込みをする学生が大半でしたが、そのコンテストで研究室の学生が受賞したこともあり、今年度は多くの学生が意気込んで参加しました。さらに、学生同士でフィルタの特性を競った結果、前述のように非常に素晴らしい結果となった訳です。最近の学生は意欲がないなどという話をたびたび耳にしますが、そんなことは決してないと思います。今まで、こういった成功体験がなかったからではないかと考えられます。やはり、教育というものは、学生に結果を出させて意欲を高めることが重要だと改めて感じた次第です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

体罰問題について [教育]

最近、巷では体罰問題があちらこちらで話題になっている。そこで、以下に私の考えを述べる。
まず、体罰の位置付けであるが、私はそもそも、「指導」と「暴力」しかないのであって、その間に体罰という物理的力を伴った指導などはないと思っている。世間では、その境目がどこにあるかということが議論になっているが、そんなことは極めて簡単なことである。練習なり学習をする動機が、もし暴力が嫌だからということになれば、それは明らかに暴力であって、どんな理由付けをしようとも決して指導とは言えない。
次に、「体罰」と称される指導が効果があるかどうかである。もし、本当に体罰に効果があるのならば私も真剣に導入を考えたいと思う。私は、マイクロ波工学を教えているのであるが、その基本は数学と物理学であり、学生にとって習得するのは非常に難しく、どのように教育したらいいのか、常に頭を悩ませている。もし、学生を殴ることによって、学生が容易に数学や物理学を理解するようになるのであれば、それは本当に効果的な教育であり、真剣に検討するに値するかもしれない。しかし、私には、学生を殴ったところで、数学や物理学を理解するようになるとは全く思えないのである。ところが、運動系の教育においては、体罰は効果的であるという指導者がかなりいる。数学や物理は頭を使う学習であるのに対して、運動系は体を使うので体罰の意味があるなどという論理が成立つであろうか?私はかなり懐疑的に考えており、やはり、そこに体罰が有効であるという論拠は全くないように思える。
そして、私が最も言いたいことは、指導者の姿勢であり考え方である。私は、体罰を支持する指導者の指導に関する考え方が根本的に間違っていると考えている。すなわち、指導者たるもの、弟子たちが如何に楽に少ない努力で先人の領域に達することができるか、その方法を教えることが重要である。しかしながら、多くの指導者は、弟子が先人と同じレベルに達するのに、先人が経験したのと同じ苦難を経験することによってのみ、達成されるべきだという考えに囚われている。しかし、こうして先人と同じ苦難を経て同じレベルに達した弟子たちが、先人を超える成果を達成することが出来るであろうか。私は、それは無理であろうと思う。最近の日本のスポーツ選手が、世界記録や日本記録を更新できないのは、このためでないかと考えている。自分が何十年も掛けて努力し達成できたことを自分の弟子や生徒が短期間に簡単に達成してしまうのは面白くないと考えているからかもしれないが、これは全く間違っている。そして、弟子たちが楽に簡単に最高レベルに達するために、体罰が必要かというと、全く逆ではないかと思う。結局、指導者に指導の能力が無いのを体罰で誤魔化しているに過ぎない。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。