So-net無料ブログ作成
検索選択

理工系の女子学生を求めて [教育]

大変嬉しいことに、学科の女子学生をPRするホームページが完成しました。
http://www.elec.ryukoku.ac.jp/special/rikojo/
以前から学科では議論になっていたのですが、私の大学でも理工学部は女子学生の数が少なく、その中でも電子情報学科はこれまで特に少なかったというのが実態でした。これから若年人口が減っていき、受験生を確保するために、男子学生は頭打ちであるのに対して、増加が見込める女子学生にたくさん来てほしいという意味もありますが、もっと重要な意味もあります。瀬田キャンパスライフ.png
私が研究を行っている携帯電話のユーザーの大半は女性です。これに対して、携帯電話の研究開発を行っているのは、大半が(たぶん90数パーセントが)男性です。一昔前の業務用の無線通信機の時代であれば仕方がないことかもしれませんが、これほど多くの女性が使っている携帯電話がほぼ男性だけの手で研究開発されているというのは本当に異様なことです。最近では、女性のお客様にたくさん購入してもらうためにデザイン的には女性の意見が多く取り入れられるようになりましたが、使い勝手や性能を決める内部の回路や部品の研究開発には女性は関わっていません。
是非多くの女子高生、女子中学生に理工に関心を持って頂き、今までとは少し違う女性の視点からの研究開発を進めてもらいたいものだと思います。ところで、女性が電子回路、特にマクスウェルの方程式に従う電波を敬遠?する理由としては、かなり論理的な思考が必要とされるという面があるからでしょうか。しかし、実は研究にとってもっと重要なのは繊細な感性なのです。
電波の中でも周波数が高いマイクロ波は、ちょっとした形状の違いが電気的な特性の大きな違いにつながります。また、形状がマイクロ波回路の特性を決めるため、見た目に美しい回路のほうが電気的特性が良いという性質があります。そのため、研究に必要なのは、道端に咲く小さな雑草の花を見て美しいと気が付くような感性なのです。そういう点は、芸術と研究は全く同じです。音楽や美術など多くの芸術の分野では女性が活躍していますので、きっと研究開発の分野でも活躍できることと思います。私自身も趣味で音楽をやっていますが、そのような感性は研究にとって非常に役立っていると思っています。是非、多くの女性にマイクロ波に対して関心を持ってもらいたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。