So-net無料ブログ作成

新人歓迎会 -今年も新3年生が6人配属されてきました [教育]

この4月に、今年も新3年生が6人配属されてきました。昨年の10人より少ないですが、これは既に研究室の人数が多いため、学科内で調整した結果です。希望者は12人いましたので、諦めて頂いた6名には申し訳ないと思うばかりです。私の研究室は、土曜日にゼミをやると公言していますので、本来なら少しでも楽をしたい学生には敬遠されても仕方がないところです。私は大学に来てまだ2年目なのではっきりとはわかりませんが、多分、ここ数年で傾向が変わったのだと思います。

それは、厳しい就職戦線の影響です。以前は、学生というものは何かと楽をしたがるものという風潮がありましたが、最近の学生が就職活動にかける労力は半端ではありません。1日に3社くらい訪問して、ひとりで100社回る学生もざらです。大学として多く回ることを推奨しているわけではありませんし、むしろ研究に注力するために訪問数を減らしなさいと言っています。それにも拘わらず、学生たちは”自主的に努力”しているわけです。

大学が勉学・研究の場ではなく、就活の場になりつつあることは大いに憂うべきことですが、”自主的に努力”をするようになった学生たちとどう付き合っていくかは先生にとっては大きな問題です。今までと同じという訳にはいかないでしょう。

そのような彼らを新人として向かえる歓迎会をゴールデンウィーク前の金曜夜に駅前の居酒屋で開催しました。少しお酒も入った中で本音トークもしましたが、彼らの印象としては、やはり最近の傾向を受け継いで、まじめ・従順・おとなしいという印象でした。型破りの豪傑がいないのは残念ですが、研究で鍛えていけばかなりのレベルまで到達できそうです。でも、自ら自分の殻を破って欲しいなと正直思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。